第203回国会 もし最初から必ず米軍の空母が来るはずだと

第203回国会 もし最初から必ず米軍の空母が来るはずだと。戦史での事実、歴史には、IF。今日、「ミッドウェイ」という映画を見ました もし、最初から必ず米軍の空母が来るはずだと推測できていて、いつでも発艦できるように全艦で万全の航空機の体制を整えていたなら、勝てましたか 第203回国会。従来計画では。戦闘艦艇の総数として。今の二百九十三隻体制から三百五十五隻
体制にする。こういうことが従来計画ではの増強。あるいは航空団や軽空母を
含めた空母の活用。無人艦艇や。有人と無人のいずれかの運用形態を選択できる
艦艇このため。統合エアシーバトルとか。また統合作戦アクセスといった構想
が米軍全体として示されて。アメリカ海軍を抱えていて。イージス艦を二隻
ふやすといっても人材確保をどうするのかといって頭を抱えているようなそんな
状況だ

千葉市立郷土博物館:館長メッセージ。幸いに。今年度「千葉氏パネル展」もご好評を頂いております。本来ならば当館
職員による「展示解説ギャラリートーク」を行うところでありますが。感染
症拡大予防のために実施できずネックレスダース·ベイダー/シルバー/プレゼント/ディズニー。ベイダーのグリップ形状を忠実に再現しています。誕生日。記念日などや
お祝いごとなど。いつでもどこでも簡単に作ることが出来ます。 ジャンル臨夏
自治州でも月日に一部市民がスーパーに押しかけて米と油を買い占める現象
が起きた。いま死ぬ必要はない」米空母艦長。コロナから部下を守ってクビの
深層

戦史での事実、歴史には、IF!もしも???とか変化で、タイムスリップ!等でも、NG!仮に!規則道理に~筑摩の偵察機索敵機での水上観測機が雲の下を飛び、肉眼で洋上の確認をしていたら?いれば???敵艦隊を先に発見!をしていたのは、日本側で敵空母発見!での報告、緊急電文での受信!兵装転換もなし!でも~敵艦隊攻撃での第2次攻撃隊への護衛の戦闘機数は、かなり減る!等での事実でもね。ま~運?が良くて、引き分け!かなり、凄く!運が良ければ勝てた!でも、その確率は、10~30%以下?だったと思うのでね。日本海軍での長年での伝統、悪しき分での事実でね。索敵での偵察軽視、戦闘機軽視!索敵機での偵察機は、敵艦攻撃、沈める???無理で戦闘機が機銃掃射で敵艦攻撃で、沈没?無理???戦火での攻撃が最優先事項!防御での守り!その時点でもう既に、負け?不利!有名な兵法での中の1つ、攻撃は最大の防御なり!戦闘機の搭載数は、最低限度!での規則!しかも!無限大での時間で飛べず、攻撃で弾薬も消耗着艦して、燃料と弾薬の補給!応急整備?等でまた離艦?搭乗員の疲労度増加では、戦力低下を招く!その点!USAでは、防御と応急処置を重要視!戦闘機の数を増やせ!として、マリアナ沖海戦時の際には、艦載機総数 約900機?等での中で、F-6F戦闘機数は、約500機での多さ!第2次攻撃隊で、対艦兵装備での機体数は?第2次攻撃隊での機体数で、敵空母3隻 沈めれるのかな?再攻撃等もなしでね?かなり、凄く~難しい!こんにちわ。名作ですよね。冒頭の、米軍の無線通信を日本軍が傍受するシーンは、その後の展開を暗示する上で、鳥肌が立つ描写でした。で御質問の件です。大雑把な回答で申し訳御座いませんが”5分5分”です。まず”MI作戦”の目的ですが。1.ミッドウェー島の攻略陸軍が主体2.それにより誘引されて来る米機動部隊の撃滅海軍が主体となります。日本特に海軍としては、ミッドウェー島攻略を”囮”とし、米空母を誘い出して叩ければ万々歳と言うスタンスでした。ですので、海軍での優先順位としては1.米機動部隊2.ミッドウェー島攻略支援でした。しかし実際には2.の行動開始時間までに1.を発見出来ませんでした。ここで決断を迫られます。1.存在が不明なもしかしたら出動していなかもしれない米機動部隊第一目標2.目の前に確実に存在するミッドウェー島第二目標選択結果は???映画の通りです。その後は、ミッドウェーへの攻撃を行いつつ、米機動部隊との接敵に備え、空母に残る艦載機を対艦装備で待機させます。ここまでは、御質問の趣旨でもある”万全の体制”です。でも、歴史は変わりません。策敵機発進の遅れ、第一次攻撃隊からの再攻撃要請、兵装転換等々???その後に起きる事は同じです。そのままでは敗れます。もし5分の可能性で勝てたとすれば????策敵を当初の予定通り実施し、得られた情報から的確な判断を下すこれに尽きると思います。詳細は省きますが同海戦に於いては、策敵の失敗が敗因の如く言われています。しかし、策敵隊は必要にして十分な情報を提供しています。それを有効活用できなかったのは司令部のミスであり、現場の兵士ではありません。敵の情報が無い状態では、腕利き揃いのパイロットや高性能の艦載機は宝の持ち腐れです。参照:76年前の今日、ミッドウェーで大敗した海軍指揮官がついた大嘘その場合、ミッドウェー島をいつまでたっても攻撃できないので作戦は失敗します実際、日本側が装備を換装したのは島が攻撃範囲内に入り、島の航空隊と空母航空隊との間で相互に攻撃が始まってからの話です米空母が出てくるまでいつまでも待っててもいいですが、島から一方的に攻撃を受け続けるか、あるいは米空母が出てこなかった場合延々とミッドウェー近海に留まって物資を浪費することになりますミッドウェイ島に手をつけない場合には、ミッドウェイ基地隊が大編隊を組んで艦隊を沈めにきます史実では日本側の先制攻撃への反撃となったため、TBF6機とB-26が4機ぽっちを皮切りにパラパラと散発的な攻撃が続いたのみですが、ミッドウェイ基地が無傷である場合は基地に所属する100機近くの爆雷撃機が、28機の戦闘機の護衛を伴って一挙に襲いかかってきます旧式の機体が多くを占める寄せ集めの部隊ではありましたが、さすがにここまでの機数ともなれば南雲機動部隊も大損害を免れないでしょうねそして零戦隊は迎撃で消耗しきり空母は損傷甚大、もはや攻撃隊を出すどころではなくなったところに、米空母部隊の攻撃隊がトドメを刺しにきますそもそもはミッドウェイ島を攻め落とすための作戦だったので、一度もシュートをせずに敵のフォワードを囲み続けるような本末転倒でありますがこれが実は勝てない空母発見は8時30分で、司令部が知ったのは8時40分なんですね8時30分からミッドウェー島を攻撃した航空隊の着艦作業を行っていて、蒼龍以外は9時30分までその作業にかかります蒼龍は9時50分に収容を終えます艦隊は7時12分ミッドウェーから雷撃機攻撃7時55分ミッドウェーから急降下爆撃機による攻撃8時5分ミッドウェーから重爆撃機による攻撃8時12分ミッドウェーから急降下爆撃機による攻撃着艦作業開始後9時25分からホーネット雷撃隊による攻撃9時50分台にヨークタウン?エンタープライズ雷撃隊による攻撃10時頃、ヨークタウン戦闘機隊と空中戦と、引っ切り無しに攻撃を受けているんです戦闘機の大半は弾切れになっています10時20分から艦上偵察機2号機と交替の防空戦闘機隊を発艦させようとしたら空襲されました当時の航空母艦は着艦か発艦の何れかしか出来ません飛行機は帰ってきたら空母に着艦させてもらえるという信頼関係で成り立っています8時に艦隊上空に戻ったミッドウェー攻撃隊は空襲の影響で30分上空待機させられ、誤射もされて着艦後に対空砲部隊と搭乗員の間で喧嘩になったほどです8時30分から10時まで飛行甲板に攻撃隊を発進待機させる事は出来ませんあれは本当に幸運な米雷撃隊の犠牲の上になってりたってますから空母守る戦闘機が低空に降りている時何の妨害をうけずSBDドーントレスの急降下爆撃受けたのです何時でも発艦はできませんミッドウェー攻撃隊が帰ってきてますから空にしてあけておかなければ皆燃料切れで海に落ちます攻撃隊が帰還中は空襲の最中ですその間空中待機してます赤城の艦内では攻撃隊の収容後攻撃に転じるは迷いなく決まりました何時でも発艦は無理でしたレダー装備で戦闘コントロールが出来ていてSBD隊を攻撃できるようならやられる事はなかったでしょまた攻撃隊の収容諦めて空場攻撃隊を発艦させても偵察機の報告位置には敵はいません100kmはなれてました空母攻撃隊が空しく帰還したら空母三艦どころか4艦もやられていたかも空母守る戦闘機が各艦1個小隊3機12機くらいでしか空母守れませんから島の攻撃隊の戦闘機は海におちてますから後12機で空母攻撃隊に直援機として付いて行くことで12機くらいになります勝てません。当時の日本空母は攻撃優先の編成になっていて零戦の数が足りませんから、仮に敵空母を発見したとして護衛の零戦を付けた攻撃隊を発進させると艦隊防空の零戦が不足するので敵機の攻撃で空母がやられるだけです。史実で3空母が被弾後、偵察機の追尾で敵艦隊の位置を確認した飛龍が攻撃隊を発進させていますが、護衛の零戦が少なすぎてヨークタウン上空で待ち構えていたF4Fの反撃でほぼ壊滅しています。ミッドウェーで?後方の大和にいる?山本五十六?は?南雲が雷装を陸用爆弾に兵装転換した事を知らず↓米機動部隊出現にも楽観視していた?後方の戦艦大和で南雲機動部隊からの電報を受信していた山本五十六以下連合艦隊司令部は?予期せぬ米軍機動部隊が出現した事にたいして慌てなかった。宇垣纏参謀長は司令部の雰囲気が??さては敵の機動部隊の激撃なる?よき敵御座んなれ?第二次攻撃は速に之に指向に?先づ敵空母を屠り?残敵を如何に処分すべきかと楽観的気分に在り?と述べている。山本が黒島亀人先任参謀に?米艦隊への攻撃命令を出すか否か?を尋ねると?黒島は?南雲は兵力の半数を米空母機動部隊に対して準備しているから必要なし?と答え↓連合艦隊司令部は何も発信しなかった? ?敵?????10隻???ミッドウェー???方位10度?距離240浬?針路150度?速力20節以上??重巡?利根?4号機が報告したこの位置は?全くの出鱈目だった。空母?蒼龍?の高速偵察機彗星の試作機2機の投入を命じるが??利根4号機?の報告位置が出鱈目実際は100km以上も離れていただった為?結局発見できなかった無駄足。後に??筑摩5号機?が米艦隊を発見し位置を報告?『” 利根4号機の謎 ”』利根4号機は?コンパスに異常が無いから迷わず帰還した。なら?なぜ出鱈目な位置を報告し?再三再四方位測定用電波輻射セヨ!を督促されても?位置確認用の長波輻射をしなかったのか? また最初の米艦隊発見の報告から?米空母を伴なうの報告まで?なぜ1時間も要したのか? 燃料は十分余裕が有るのに?友軍索敵機の到着を待たず?なぜ帰還したのか? 帰投理由が?燃料不足のため?。他の索敵機より30分も遅く出発し?10時間滞空できるのに?燃料不足は有り得ない。そもそも?魚雷を陸用爆弾に兵装転換した南雲の判断が最大の誤りで?ミッドウェー島は逃げはしないのだから?第一次攻撃隊も米空母に備え雷装し続けるべきだし??利根4号機?の発艦遅延の時点で?空母?蒼龍?の高速偵察機彗星の試作機2機の投入を命じるべきなのに?しなかったボケ。米空母の索敵を最優先にして?ミッドウェー島攻略は?米空母の撃滅後にじっくり攻めれば良っただけのこと?高速偵察機彗星の試作機↓二式艦上偵察機11型。最初から2機を索敵に投入すべきで?宝の持ち腐れ。後の祭り?勝てませんミッドウェイ海戦ってMI作戦の一部なのですミッドウェイ島を占領しろ米機動部隊も撃滅しろ両方やって日本の勝利米機動部隊をどうにか追い払えたとして、山本五十六が準備した海軍陸戦隊が四千、でもミッドウェイ島守備隊の米海兵隊は三千あんな狭い島では奇襲上陸は通用しないし上陸する側は陸に上がるまでは一方的に撃たれるだけプライベートライアン見るとわかりますしかも海軍はミッドウェイ島の戦力がそんな居ると把握してない差し違えになっていたと思われます日本の空母は4隻、対するアメリカ空母は3隻ですが日本は航空部隊の半数をミッドウェーに差し向けていましたから、全力のアメリカ機動部隊の攻撃と島の陸軍航空部隊の共同攻撃を完全に撃退する事は難かしいかと思われます恐らくは相互の空母を2隻づつ失って痛み分けで終わったでしょうもしも翔鶴?瑞鶴の2隻が参加して6隻ならば完勝だったでしょうが.

  • Tomohisa 山下智久世界一可愛いすすピー結婚
  • UVERworld 他人の正解僕の答えでない
  • 2万円以内 歌ってみた最適なIOS対応のオーディオインタ
  • パート辞めたい スーパーかで年末のバイト職場の人あったら
  • B&39;z 年末年始くらい楽く過ごたいのでB’zの話封
  • Add a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です